キッチンリフォームの費用を安くするコツとは?ポイントをご紹介!

ディスプレイ棚に小物を飾っているおしゃれなキッチン
キッチンのリフォームをしたいけど、費用はいくらくらいかかるのかしら?
リフォームするならできるだけ安くしたいわ。
なにかコツはあるのかしら?

 

キッチンをリフォームしたい。だけど費用は気になりますよね。特にキッチンは、使う人のこだわりがでやすい場所。キッチン本体の価格も高いため、トイレや洗面所よりもリフォーム費用が高くなりがちです。

「日々使うキッチンだから、見た目も使い勝手もこだわりたい。けれどできるだけ費用は安く抑えたい!」

そんな夢を叶えるために、キッチンリフォームを安くするためのポイントをご紹介します。

キッチンリフォームにかかる費用は?

整理整頓されたキッチンのシンク回り

キッチンのリフォームにかかる費用は一般的に、50万~200万円の間が相場と言われています。

リフォーム費用は主に以下の内容で構成されており、工事費には工事をする人たちの人件費も含まれています。

キッチンリフォーム費用の構成

  • システムキッチンの本体価格
  • 既存キッチン解体・処分工事費
  • 取り付け工事費
  • 配管工事費
  • 内装工事費

そして、この中でもキッチンのリフォーム費用に大きく影響するのはシステムキッチンの本体価格です。システムキッチンの種類やグレードが深く関係してきます。

また、キッチンの場所を移動させるなど、リフォームの状況によっては、配管や内装の工事費は大きく変わります。工事費には人件費も含まれており、工事の行程が増えるほど人件費もかかります。工事費を安く抑えるためには、工事の行程を減らして、人件費を抑えることも1つの方法です。

つまり、キッチンのリフォーム費用を抑えるには、次の3つが重要なポイントとなります。

キッチンのリフォーム費用を抑えるためには……
  1. キッチン本体の費用を抑える
  2. 工事費用を抑える
  3. 人件費を抑える

では、これらの費用を抑えるためにはどうしたらよいのでしょうか?ここからは項目別に、ポイントをご紹介していきます。

キッチンリフォームを安くするポイント

シンクで色とりどりの野菜を洗って調理中のキッチン

キッチン本体の費用を抑える

キッチンリフォームが高額になる最大の要因は、キッチン本体にかかる費用が高額になっていることです。キッチン本体の価格を抑えられると、リフォーム費用を安価にすることができます。

【キッチン本体の費用を抑えるコツ①】システムキッチンのグレードを知る

システムキッチンは、次のようなグレードに分かれます。

システムキッチンのグレードと価格・特徴

グレード 価格 特徴
スタンダード 40万~100万 仕様品が少なく、シンプルな装備
ミドルグレード 60万~130万 標準装備のキッチンで、基本的素材で構成されている
ハイグレード 70万~200万 高価な素材や豊富なオプション装備を備え付け

グレードにより価格が大きく異なりますよね。

システムキッチンのグレードを知るには、ショールームへ行って実物のシステムキッチンを確かめることが重要です。素材や設備の詳しい説明などは専門家から聞くのが一番。素材や機能の違いで迷ったら、スタッフに相談してみましょう!

また、オプションをつけすぎないことも大切です。キッチンは家の中でも特にこだわりたい場所でもありますよね。リフォームするとなると、あれもこれも備え付けたい気持ち、分かります。

しかし、オプションをつければつけるほど高くなるのがシステムキッチン。食器洗い乾燥機や人工大理石のワークトップなど取り入れると、あっという間に高額になってしまいます。

システムキッチンは、同じ機能を備え付けたキッチンでもメーカーによって価格が違います。どうしても譲れない機能・グレードがあるなら、メーカーを変えることも考えてみましょう。

【キッチン本体の費用を抑えるコツ②】アウトレット商品を活用する

型落ちの製品や展示品、少し傷がついたり凹みがあったりするものは、アウトレット商品として格安で売り出されることがあります。

このような商品をうまく取り入れることも費用を抑えるコツ。機能的な問題はありませんし、お得感もあります。

ただし、ここで注意したいのが保証期間。せっかくお得な商品を手にしても、不具合が見つかった時に保証してもらえないとかえって高くつくことも。

そんなアクシデントを避けるためにも、アウトレット商品を購入する際には保証期間も含めて検討しましょう。

【キッチン本体の費用を抑えるコツ③】全体ではなく一部分のみリフォームする

大幅な費用の削減がしたい時は、必要な部分のみリフォームすることも検討してみましょう。今使用している中で使用できそうなものはそのままに、一部分のみリフォームするだけでもキッチンの雰囲気や使い勝手はぐっと変わります。

例えば、キッチン自体はそのままで、コンロを新しくするだけならおおよそ10万円から工事は可能ですし、最新機能を取り入れることで使い勝手の向上も期待できます。キッチン全てをリフォームするのではなく、まだ使えるものは大切に使って、必要な部分のみのリフォームで、賢く費用を抑えたいですね!

また、キッチンの一部分のみリフォームすることでキッチン本体の費用だけでなく工事費も抑えることができます。

次は、工事費用を抑えるための最重要ポイントをご紹介します。

工事費用を抑える

工事費用を抑えるために大切なことは、キッチンの位置を移動しないことです。

キッチンの位置を移動しない

キッチンリフォームの工事費用で一番高くなる原因が、キッチンの場所を移動させることです。

キッチンの位置を移動させると、ガスの元栓移動や、排水管、換気ダクトの延長工事が発生します。それに加えて元々キッチンがあった場所の床の補修、壁紙の交換など、工事すべき箇所が増えてしまいます。

 

対面キッチンにリフォームしたいんだけど、元のキッチンが壁付けタイプのキッチンなのよね…

 

こんな場合も、キッチンの移動が必要となるので、リフォーム費用は高額となります。同じタイプのキッチンでリフォームすれば、費用は圧倒的に抑えられますよ。

費用を優先するなら、キッチンを移動しないリフォームも検討しましょう。

人件費を抑える

キッチンのリフォーム費用を抑えるために大切なポイント、最後は人件費を抑えるためのコツです。

工期を短くする

工期が長くなれば、人件費もかさみます。キッチンリフォームの工期は、多くの場合2~6日。複雑な工事を行うほど、工期が長くなり人件費がかかります。

特に工事日数がかかるのが、キッチンの場所を移動するリフォームです。工事費の費用を抑えるためには既存のキッチンのレイアウトを変えない方法をおすすめしましたが、工期を短くするためにもキッチンを移動させないリフォームは有効です。

DIYを取り入れる

人件費を抑えられるもう1つの方法が、ご自身で行うDIYです。

DIYと聞くと、少しハードルが高く感じるかもしれませんね。ですが壁紙の張り替えや収納スペースの取り付け、キャビネットの部品交換など簡単な部分をご自身でDIYするだけでも、リフォームにかかる費用は抑えられます。普段からDIYが好き!という方はぜひ挑戦されてみてはいかがでしょうか。

また、人件費を抑える上で大切なのが、リフォーム業者の選び方。人件費は明確な価格設定がないからこそ、きちんとした見積もりを出す業者を探すことが重要です。

ここからは、正しいリフォーム業者の選び方をご紹介します。

キッチンのリフォームを安くする業者の選び方

キッチンの前でバインダーに書き込んでいる作業服を着た人

リフォーム費用は、依頼する業者によって大きく違ってきます。まずは、業者選びに大切なポイントを2つご紹介します。

リフォーム業者を選ぶ際のポイント

・キッチンのリフォームが得意な業者(水回りのリフォーム専門)を選ぶ

・相見積もりを取って適正な価格を知り、その中で質の高いリフォーム業者に依頼する

キッチンのリフォームが得意な業者を選ぶ

メーカーからの信頼も厚くキッチンのリフォームを得意としている専門的な業者は、メーカー設備をより安く仕入れる努力をしていることでしょう。そうすることで、本体価格の大幅な値引気が可能になり、消費者へ安価に資材を提供することができるのです。

また、専門的な業者であればアフターフォローも安心ですよね。今後のためにも、キッチンのリフォームを得意とする業者を見つけましょう!

複数の業者で見積もりを取る

もう1つ業者選びで大切なポイントが、見積もりの取り方です。

1つの会社にのみ見積もりを取るのではなく、複数の業者で見積もりを取る「相見積もり(あいみつもり)」という方法を選ぶようにしましょう。他社と比べることで、リフォーム費用が妥当なものなのか判断できます。

ここで大切なのが、リフォームの合計費用の見積もりを依頼すること。キッチン本体の割引率が高いから、という理由だけで業者を選ぶと、施工費が高額で結局高くつくということもあります。

そんな失敗を避けるためにも、リフォームの合計費用で相見積もりを取って、費用を抑えて質の高いリフォームができる業者を見つけましょう。

まとめ

いかがでしたか?今回の記事では、キッチンのリフォーム費用を安く抑えるポイントをご紹介しました。

最後にポイントをまとめておきます。

キッチンのリフォーム費用を抑えるためのコツ

・キッチンのグレードやオプションを工夫する

・アウトレット商品やDIYなどを活用する

・全体ではなく一部分のリフォームも検討する

・リフォームではキッチンの場所を大きく変えない

・キッチンのリフォームが得意な業者に相見積もりを取る

これらのポイントを抑えて、安く満足のいくキッチンリフォームを叶えましょう!